02 11月

ニキビ用サプリメントは本当に効くの?厚生労働省認可のサプリメントを選ぶ方が良い?

効果・効能が認められているサプリメントなら安心

ニキビのためにニキビ用のサプリメントを飲んでいる人は多いと思いますが、正直「本当に効果出てるのかな」と感じることって多いのではないでしょうか?
自分が飲んでいるサプリメントには本当に効果があるのかどうかをチェックするなら、まずそのサプリメントが厚生労働省認可のものかどうかチェックしてみてください。
今の時代、ニキビ用のサプリメントは本当にたくさん出ています。「ニキビに効果的」「ニキビが治る」というような口コミも実際に多いサプリメントもありますが、厚生労働省に認可されていなければ効果や効能をうたうことができません。
もし飲んでいるサプリメントにあまり効果がなくても、厚生労働省無認可のものであれば効果がなくても仕方がないことだと思うしかありません。
逆に厚生労働省認可のサプリメントであれば、有効成分が認められているものなので何らかの効果を感じられるはずです。
これは口コミ人気だけでは判断できず、口コミで1位だから厚生労働省にも認可されているというわけではありません。特にランキングサイトなどで商品を選ぶ際は、きちんと効果を認められている成分が配合されているか(厚生労働省認可のものか)をチェックするようにするといいでしょう。
やはり効果や効能が認められている成分が入っているものの方が安心できますよね。

普通のサプリメントじゃ全く効果がないってこと!?

厚生労働省無認可だから効果がない、というわけでもないのがサプリメントの難しいところです。効果が全くないというわけではなく、中には効果を感じられている人もいます。しかしそういう人はサプリメントだけに頼っているわけではなく、他のことも(例えば運動やスキンケアなど)行っている人が多いように感じられます。
サプリメントだけに頼ろうとすれば、効果を感じられないことが多いのではないでしょうか。

有効成分があるかどうかはもちろん、飲み方も大事

ニキビ用サプリメントは飲み方も大事です。ニキビがあるときだけ飲むのではなく、継続的に飲むことによってニキビのできにくい肌を作っていくことができます。
そのため飲むのを忘れがちな人や、使用法を守らずに飲んでいるという人は厚生労働省認可のものであっても効果を感じられないことが多いです。

まとめ。サプリメントだけでは効果は不十分

有効成分が認められているサプリメントの方が、確かに効果はあると思います。しかしサプリメントだけに頼っても効果を感じられないことがほとんど。
サプリメントはあくまでもサポートするものと考え、日頃からスキンケアや食生活、生活習慣などでもニキビを予防・改善していくことが必要です。
体の外側からも内側からもケアをすることで、ニキビ用サプリメントの効果もきちんと感じられるようになるのではないでしょうか。

23 10月

美肌のためにバストアップサプリを飲み続けるとどうなる?

口コミや体験談で多い、スキンケアのためにバストアップサプリを飲む人。

女性なら誰しもが美しい肌やハリのあるバストを手に入れたいと思ってしまうものですよね。
透き通ったきれいな肌、形が良くてハリがある大きなバスト。そのどちらも手に入れるためにバストアップサプリを飲んでスキンケアをしている人が最近増えています。
バストアップサプリがスキンケアになる!?と全く知らない人はびっくりしがちですが、実はバストアップサプリがスキンケア効果を持っているというのは有名な話。理由はバストアップサプリに含まれている、プエラリアやイソフラボンといった女性ホルモンに似た働きをする成分が肌の保水力を高めたり、肌荒れやニキビのできにくい肌を作ってくれるからからと言われています。
口コミや体験談を見ていても、バストアップはもちろん美肌を保つためにずっと飲んでますという人は多いです。
しかしバストアップ目的で作られているサプリメントなのに、美肌のために飲み続けても影響はないのかと心配になってしまいますよね。

本当にバストアップサプリは美肌にいい?1年間バストアップサプリを飲んだ結果

バストアップ効果はそこまで望んでいませんが、美肌のためにと思い、実は1年前から試しにバストアップサプリを飲んでいます。
妊娠の予定などは特になく健康体だったので頑張って飲み続けてみましたよ。
結果としては、生理前のニキビなどが全くなり、年間通して肌荒れやニキビがなくなりました。毛穴が開いていたところはそのままですが、肌の水分量が上がったようで、もちもちした肌になりました。
特にデメリットというものを感じることなく、しいていえばバストはあまり大きくならなかったということぐらいです。ただ肌全体にハリはでているので、バストも大きくなったと感じることには感じます。
特に体に問題がなければ美肌のために飲み続けるのもアリなんじゃないでしょうか。少なくとも具合が悪くなったというようなことは私はありません。

飲み方を間違えると副作用もひどいサプリもあるから注意

私は特に副作用などはありませんでしたが、過剰摂取や飲むタイミングを間違えることで吐き気や肌荒れなどの副作用が起こるという報告もあります。
バストアップサプリよっても含まれている成分は違いますし、肌はきれいになっても太りやすくなるという口コミも良く見かけます。
健康に影響は今のところないものの、最初はバストアップの目的で飲み始めた方がいいのかもしれません。美肌のために飲んでも私は大丈夫でしたが、止めどきがわからなくなってしまったので少し後悔しています。

27 9月

毛穴の効果に期待できる成分を使っておくこと

しっかり効果を期待できるビタミンCを使おう

毛穴に効果が期待できる成分として様々なものがあります。一番有名なのはビタミンCです。老廃物や過剰なまでの皮脂が分泌されるのを抑制し、開ききってしまった毛穴を引き締める効果が期待できます。比較的化粧品として使用されることが少なくありませんが、サプリメントとしても人気です。
その中でも高浸透型ビタミンC誘導体といわれているAPPSは、通常のビタミンCが持っている弱点を克服しているアイテムといわれています。ビタミンCの弱点といわれている熱や光に対しての弱さを技術によってなくし、肌の奥にしっかりとビタミンを届けられるよう成分です。そのおかげで肌へしっかりとビタミンCの効果を届けることができると人気となっています。
また、リン酸型ビタミンCといわれているものも評判です。リン酸型というのは、通常のビタミンCにリンを化合し、人間の体内に吸収されやすくなる効果が期待できます。
ビタミンCだけでも多数の種類がありますので、購入する際にどんなものが含有されているのか知っておくことこそ、良いビタミンCを使って美容面と健康面においてよい結果を引き出せると評判です。ビタミンCは美白やアンチエイジングにも期待が高い成分なので、積極的に使えます。

ビタミンC以外にも多数の可能性がある

ビタミンC以外にも肌への影響が期待できる成分はたくさんあります。たとえば、エラスチンです。エラスチンは肌のたるみ解消に良い影響が期待できますが、ハリを整えるために開ききってしまったりたるんでしまった毛穴などにも良い影響がもたらせるといわれています。
また、美容で有名なフラーレンも欠かせません。プラセンタよりもかなり高い期待が高いといわれますがアンチエイジングばかりではなく、様々な面で期待が高まるものです。コラーゲン生成機能があるため、肌のたるみ解消につながります。
コラーゲンやプラセンタなども積極的に取り入れることが大切ですが、フラーレンも一緒に取り入れたほうが安全で目に見える期待が高まるから人気です。
抗酸化作用が期待できるのはフラーレンも同様ですが、それ以外にもコエンザイムQ10、EGF。セラミドなどを中長期にわたって使用することで、毛穴に対して引き締める可能性が高まります。
化粧品ばかりではなく、サプリメントとして取り入れたほうがいいものもありますが、アンチエイジング機能が高いといわれるものでも対策が講じられるとして、多方面から愛用者の寄せられることも少なくありません。
正しいケアを使い続けることでよい結果に結びつきます。

20 8月

シンプルなスキンケア

洗顔石鹸でシンプルなスキンケア

日頃のスキンケアはどのようにしていらっしゃいますか。化粧品や美容関連の通販サイトを見るとスキンケアの種類の多さに驚きます。どれも女性にとって必要な栄養素や成分が入ったものばかりなので迷います。

一つ一つの成分の効能についても詳しく記載されていますので自分の肌質に合ったものを選びましょう。

口コミで評判の良いスキンケア商品が紹介されています。アンチエイジング効果のある商品から天然由来のものだけを使用した商品まで特長があります。どの商品も自信をもって研究開発された商品ばかりですそして今注目されているのがシンプルな洗顔石鹸です。

通販のサイトを見るとある女性の写真が紹介されていました。おそらくノーメークではないかと思われる

のですがその素肌が輝いているのです。まさに透き通るようなお肌の美しさに驚きました。

いったいどのようなお手入れをしている方なのだろうと関心を持ちました。

すると洗顔石鹸を使っての至ってシンプルなお手入れであることがわかりました。

今の時代は「物を持たない生活や物を増やさない生き方」が注目されています。

その暮らし方に共感しているのでこのシンプルなお肌のお手入れも時代に合っていると考えました。

人気の洗顔石鹸を通販で洗顔購入する。

さてこのシンプルなお肌のお手入れはいかに良質な洗顔石鹸を選ぶかにかかっっています。

お肌のお手入れを簡単に済ませたいというだけではただの手抜きに終わってしまうからです。

そのためには自分の肌質や体質にあったもので効果のある商品でなければなりません。

長年の実績のある会社の商品なら安心安全です。このように有名メーカーの商品は安定した人気があります。それから地方の会社の比較的新しい商品も紹介されています。この中には通販の売上ランキングに入るような人気商品も多く見られます。

リピーターが多くその製造が間に合わないほどだそうです。コストパフォーマンス的に考えても毎日使える価格であるかどうか考えてみましょう。

価格が安いから使うというわけではありませんし高くても肌質に合わないかもしれません。

実際に使用している方の写真や体験談が載っています。自分と同じ年齢の方でもきれいな素肌をお持ちの方がいらっしゃることに感動します。「それまでいろいろ試していたけれど今はこれだけ使用しています。」という体験談にも説得力があります。

もちろんそのような方たちは睡眠や栄養や運動にも気を配っていらっしゃるでしょう。

その方たちを見習ってシンプルなお肌のお手入れを目指します。

17 8月

乾燥を防ぎ潤い肌に導く

アトピー性皮膚炎の症状には乾燥が挙げられている

アトピー肌に悩む方は女性だけではなく、赤ちゃんからご年配の方まで幅広い年齢層で悩まれている肌の炎症となる症状の1つで、水分保持力が低くて乾燥しやすい肌がアトピー性皮膚炎の最大となる特徴です。

私もアトピー性皮膚炎の症状と現在も向き合っており、何よりもスキンケアに努めることは外部刺激から肌を守り、バリア機能の低下を抑えることに繋げられ、炎症を起こしやすい肌を緩和させることが出来る術だと感じています。

この症状の方の角質層は、セラミドと呼ばれる角質層の細胞間脂質の成分が非常に少なくなっているため、不足している分だけ肌の水分保持力やバリア機能が低下してしまい、外部刺激に弱い肌を作り出しています。体内の免疫細胞から攻撃を受けることで皮膚炎を引き起こしてしまい、私の場合には赤みやかゆみが身体はもちろん、顔にも症状として現れてしまっていました。

特に女性であるため、美容には関心が深く、肌を健やかに保ちながらキレイも作り出したいと常々思っていた時に専用となる化粧品が美容メーカーから開発されるようになり、これまでは刺激に敏感でワセリンのみでケアしてきた肌も艶とハリなどの美肌までも手にすることが出来ています。

スキンケア方法や化粧品の選び方

化粧品選びで大切だと感じているのが、一番に肌表面を保護することにあります。異物の侵入を防ぐことは重要ですし、水分の蒸発を防ぐためには保湿剤が必要となり、ケア商品では化粧水や乳液、クリームの3点は肌の乾燥を防ぐために揃えておきたい化粧品と言えます。

表面をしっかり保護する保湿剤にはワセリンは必要となりますが、同じく肌の水分を保持する保湿効果を高めてくれる有効成分にはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを挙げることができ、特に保湿性の高さではヒアルロン酸が一番だと私は思っています。というのも、ヒアルロン酸配合の化粧水を肌に浸透させると天然保湿因子と似た働きを行ってくれるためです。

私は刺激に敏感であるため、セラミド配合の化粧水を利用する際には香料や着色料、防腐剤などの添加物を含まない主成分が明白であるタイプを選ぶように心がけています。

スキンケアも朝と夜に丁寧に行うことも必要ですが、これからの時期は紫外線も悪化因子となるため、私はUV対策もケアの1つと捉えて日焼け止めクリームも専用となる刺激が少ないタイプを利用して肌を保護しています。

毎日の化粧水や乳液によるケアもコットンでパッティングするのではなく、手のひらを優しく押しあてて浸透させるなどの刺激を極力与えないハンドテクも必要だと感じています。

15 8月

スキンケアで活用したいのが保湿化粧水です

シートマスクで効果を引き出しましょう

保湿化粧水は使い方次第で、効果が倍増するスキンケアアイテムです。所謂プチプライスのリーズナブルな商品であっても、使い方を考えることで高級商品にも劣らない効果を得ることが出来ます。

例えば、肌につける際の一工夫が役立ちます。通常こういったスキンケアアイテムは、お風呂上がりなどにゆっくりとつけることが多いです。こういった使い方もある意味正しいのですが、特に乾燥が気になる冬場にはより効果を高める使い方を工夫してみるのも一つの方法と言えます。

入浴後には、体を拭いたり服を着たりといった一連の作業が必要になるのが一般的です。乾燥や寒気に包まれた冬の空気の中では、こういった作業の間にも肌はどんどん乾燥している訳です。従って、より早く保湿効果を肌に届けたい場合には、バスルームの中ですでに化粧水つけてしまいます。バスタブにつかりながらシートマスクをするのもおすすめです。こうすることで、その後のお手入れも慌てずに進めていくことが出来ます。

最近では保湿効果に優れた商品が数多く発売されており、商品の選び方次第でも大分効果は違ってきます。ちょっとしたステップを面倒がらないということが、肌のケアにおいては重要になる訳です。

価格にこだわらないのがポイントです

最近の化粧水には様々なタイプがあり、選び方も難しい面があります。高級ブランドの商品の場合には、アンチエイジング効果などがプラスされていることが多く、ややこっくりとした使用感が実感出来ます。こういった商品の効果はやはり相応にありますが、より安い商品でも肌の潤いを守るということに関しては十分役目を果たしてくれるアイテムとなるのです。

高級商品の場合にはどうしてもコストが高くなる傾向があり、使用量も最小限に抑えがちになります。こういった使い方の場合には、時に得られる効果がメーカー側の想定よりも低くなることがあるため、注意が必要です。その点、価格の安い商品であれば、量を惜しまずにたっぷりと使用することが出来る訳です。その結果、得られる効果に関しても、高級商品とほぼ同程度といったことも起こり得ます。

現在では比較的低価格の商品でも、ヒアルロン酸やコラーゲンといった有効成分が配合されています。ですので、コストパフォーマンスの点では意外に優秀であることも少なくないのです。プチプラの化粧品ブランドも数多く登場しており、お洒落なパッケージを取り入れるメーカーも増えています。化粧品は、現在自分流の使い方でお得に利用していける訳です。

13 8月

ニキビを治す方法とは。

洗顔のやり方を変えてニキビを治す。

私は、ニキビを治す方法として、自分に合ったスキンケア方法を探すことが一番良いと思います。自分に合ったスキンケアの例で、口コミ情報でも多く挙げられている洗顔と便秘解消について書きます。私は、これまでニキビを治す方法として、ケアをするクリームやオロナインなどを使用していました。しかし、どれも私の肌に合わなくて治りませんでした。そこで、根本的に変えてみようと思い、まずケア用ではなかった洗顔フォームを、専用ケアの洗顔フォームに変えてみました。私が専用ケアの洗顔フォームに変えてから3日ぐらい経つと、ポツポツとしていたおでこがかなり綺麗になっていました。洗顔フォームを変えるだけでもかなり変わってくることがわかりした。私の意見ではありますが、洗顔が自分に合っていなかったら、無理やりケア用のクリームなどを塗っても治らないことがわかりました。そして、洗顔フォームを変えてから顔の拭き方も変えました。それまでは、ゴシゴシとはいきませんが、拭くときにタオルでこすってしまっていました。しかし、タオルなどで擦ることはニキビに良くないと知ったので、タオルで優しくポンポンと軽く拭くようにするといいこともわかりました。

食べ物で便秘を解消してニキビを治す。

先ほど書いたように、最初は洗顔のやり方を変えるだけで、かなり肌荒れが良くなりました。しかし、それでも治らないものもいくつかありました。そこで、口コミ情報などを見ていたら、便秘も良くないことがわかりました。私は、重度ではありませんが、ときどき便秘になることがあります。そこで、早速便秘を解消して肌荒れを治そう思いました。便秘解消するために、毎日ヨーグルトを食べることを始めました。その結果、私の場合ではありますが、ヨーグルトを毎日食べただけでもかなり便秘を解消することができました。毎日便が出るようになり、肌荒れが驚くほど綺麗になりました。しかし、それだけでは満足できなったので、酵素スムージーを飲むようになりました。私が飲んでいる酵素スムージーはチョコレートの味で、とても飲みやすいものです。私は、洗顔を変えて、毎日ヨーグルトと酵素スムージーを飲むようになってから、便秘が解消され肌もとても綺麗になりました。スキンケアはとても大事なことです。しかし、まずは根本的な便秘の解消で老廃物の排出、専用ケアの洗顔フォームでの洗顔、そして優しくタオルで拭くことをするだけで、かなり肌の悩みを解消することができます。

31 7月

ニキビにきく洗顔料で、正しくスキンケアしよう

ニキビによくないことをしてるかも 洗顔と同時に考えよう

スキンケアで大事なのは洗顔かといって、顔をごしごし洗っているかもしれませんが、実はニキビにはあまりよくないことです。洗顔がいけないのではありませんが、洗い過ぎがよくないのです。

なぜ洗い過ぎがよくないのかというと、ニキビの主な原因は油分ですので、洗顔して綺麗にするわけですが、洗いすぎると油分が落ちすぎ逆に乾燥してしまうと、顔の肌を守ろうとして油分がどんどん出てきてしまいます。

洗顔料を選ぶ前にもやるべきことそれは肌のケアです。

顔を洗うやり方だけを変えても基本的によくならないといってもいいです。

思春期に多いことで、特に女性は肌のことを気にしだす頃だと思います。

大人でも、もちろん気にする方も多いでしょうし、男性も気にする方もいるでしょう。

まずはどの年代どの性別の方にも言えますが、生活習慣を見直してみることが大切です。

スキンケアはもちろん大切ですが、普段の生活を見直したうえできちんと行わないとあまりよくならないと思います。

バランスよく食事をするのが大切です。後はストレスも問題です。原因は毛穴に汚れがつまること、シャンプーの洗い残しなど他にもありますが、ストレスをためることもいけないです。

このように洗顔料選びやスキンケアと同時に生活習慣を改善した方がいいです。

どの洗顔料がいいの どんな予防がいいの

基本的に種類は多数ありますので、自分に合ったのを見つけないといけないです。

アグネ菌というのが原因だからアグネ菌撃退のにしようとか、とにかく油分がよく落ちるのにしようとか考えの方もいると思いますが、それではいけないです。

思春期の方は若く油分が多い時期で当然ニキビができやすいです。

これは当然ですから仕方ないのですが、じゃあ油分がよく落ちるのにしようと選んでしまったら、先ほども書いた通り肌の油分がなくなり肌を守ろうとより油分で顔がテカテカしてしまいます。

どうすればいいのかというと、洗浄能力を抑え刺激の少ない洗顔料を選ぶなどすることです。

個人的には、ドラッグストアやスーパーで売っているのは洗浄能力が強すぎるのでネットなどで専門のを買った方がいいです。

市販のは洗浄能力が強くスッキリしますし、すべて悪い物ではないですが、顔の油分を落としてしまいすぎなものも多く予防及び治す目的には向いてないと思います。

大人の場合は保湿をメインに高浸透力なもので界面活性剤を使ってないのを選びましょう。

お値段が高くとも安いのより肌にあっているのを買った方がいいです。

タイプでいうとジェルタイプ、泡タイプ、フォームタイプ、オールインワンタイプ、石鹸タイプなどありますが、重要なのは泡をつくる事なので個人的におすすめは安価なことが多く泡の状態で出てくるので泡タイプです。

逆にオールインワンタイプ、ジェルタイプは洗浄能力が強いのが多いので気を付けた方がいいです。